高校時代のもしもが体験できる漫画

高校時代の「もしも」が体験できる漫画を読んでみました。
それは、すごくかわいい先輩と放課後毎日会える事です。
図書室のかわいい先輩と秘密のお勉強という作品なのですが、かなり良いと思いました。
ぱっと見た感じじゃ、あまり期待してなかったのが正直な所です。
でも、作中のキャラ絵が、とても萌えるものだったので、読んでよかったと思います。
設定は、いきなりかわいい先輩と知り合いという、ちょっとムリがある感じです。
できれば、もっと2人が知り合うシーンとか欲しかったですね。
そんな細かい事が気にならなくなったのは、中身が素晴らしかったからです。
もう茅野先輩、あまりにも萌えの集合体になっていて、何でも良くなりましたよ。
あと田野くん、その役目はオイラと代わってくれって感じでした。
高校時代、暗黒な毎日だった者からすると、羨ましすぎて気が狂いそうです。
しかも、この先輩、ただかわいいだけじゃないから、もっと萌え悶えちゃいます。
何故かと言うと、この人、すごく性に興味を持っているからです。
後輩に実演で色々と教えて欲しいって言ってくるなんて、理想的すぎですよ。
まさに高校時代の妄想を絵に描いたような漫画でした。
ただ、続編があるみたいな気がしますが、作者さんによると、まだ作っていないみたいです。
何やらサラッと新キャラとか出して意味ありげだっただけに、早く描いて欲しいと思います。
あの頃のもしもに加えて、ありえない日常が重なったら、もっと面白くなると思うのですが、どうでしょうね。
図書室のかわいい先輩と秘密のお勉強がすごかったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です